京都アトリエ 祝日・営業日のお知らせ


【京都アトリエ 営業日のお知らせ】

4月29日(火・祝)は、休まずに営業致します。
12時〜19時まで OPENしていますので
ぜひご来店下さい☆

5月の連休中(5日と6日)もOPEN致します!



Hirose
 

【京都アトリエ営業日について】



みなさま、こんにちは。
京都アトリエです。

京都はとても良いお天気で、クリスマス前のお出かけに
ぴったりの1日です。
いつも、京都アトリエは火曜日から木曜日までお休みを
頂いておりますが、本日からクリスマスの25日まで
休まず営業致します。
ぜひお散歩がてら、アトリエにもお出かけください。

[年末年始の営業日について]
年末29日(月)まで、毎日休まず営業致します。
年明けは5日(月)より、通常通りの営業となりますので
よろしくお願い致します。

Hirose

カレンダープレゼントのお知らせ

みなさんこんにちは。

本日は、BOX&NEEDLEファンのみなさまに耳よりな情報をお届けします。
現在二子玉川店では、1,000円以上お買い上げの方に先着順で
BOX&NEEDLE・2014年度12月オリジナルカレンダーをプレゼント中です。

cal

すでに残りわずかとなっておりますので、ぜひ皆様この機会に手に入れてくださいね。
※キャンペーンはカレンダーがなくなり次第終了となります。予めご了承ください

なお、一部のお客様からお問い合わせをいただいております
2015年度のカレンダーについては、作家さんのスケジュールの都合により、
制作は行わない予定となっています。
2016年度には再開予定ですので、その時までどうかお待ちください。

fuji

オンラインショップのお盆休暇、店舗 臨時短縮営業 のお知らせ

誠に勝手ながらお盆休みにともない、

8月14日(木)から17日(日)まで配送業務をお休みさせていただきます。

インタ−ネットでのご注文は、いつでも24時間ご利用いただけますが、 

8月13日(水) 以降のご注文は 8月18日(月) より順次の出荷対応とさせていただきます。

また、一部の商品は京都工房が8月17日(日)まで休業となるため、ご注文商品によっては

8月18日(月)以降の在庫確認、制作、発送となる場合がございます。

通常期間よりも、ご注文からお届けまでに多くの日数がかかることになるため

お急ぎのご注文、到着日のご指定などはご注意ください。

なお、店舗は二子玉川店、京都アトリエともに期間中も通常通り営業となりますので、お盆期間中もぜひご利用下さい。

二子玉川店は8月12日(火)催事準備のため 短縮営業、18:00までのオープンとなります。

お客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいませ。

BOX&NEEDLE


京都にアトリエショップ WORK & SHOP by BOX&NEEDLE オープンします。


京都に職人が在中するアトリエショップ WORK & SHOP by BOX&NEEDLE オープンします!
オープンイベントは、鹿児島睦さんと前田景さんとコラボレーションをした新作ペーパーの商品の展示を行います。
京都限定の商品も販売いたします。
ご来店の際は、不定休のためカレンダーページにて営業時間をご確認の上お越しください。



■WORK & SHOP by BOX&NEEDLE
住所:600-8191 京都市下京区五条通高倉角堺町21番地 jimukinoueda bldg.
最寄り駅:地下鉄五条徒歩3分 京阪清水五条駅徒歩7分 JR京都駅 徒歩15分
営業時間:平日13:00~18:00    土日祝日12:00~19:00
tel : 075-748-1036


 

Facebook 1000 いいね! ありがとうございます

こんばんは あつあつのグラタンが恋しい季節になりました。

(あっちゃんのお鍋日和につづき、たべものしりとりです)


日頃より Facebook をチェックしていただいている皆さま、心よりお礼申し上げます

当初はスタッフの身内やわたしの友人たちがぽつりぽつりと反応してくれていましたが、

だんだんと顧客様へ広がって、メッセージや反響をいただくうちに ‥ ‥ なーんと!!

今では 1000人以上へご愛顧いただき、より多くの方に情報を発信できるようになりました。

ここ最近はカウントダウンして目指してはいたものの、やはり驚いています。


スタート時点(2012年 七夕)は内心不安もありましたが、広報担当として

じんわり嬉しいです。慣れない私にやってみる?と声をかけていただいた、

Keikoさんに感謝しています。まゆかさん、いつもとびきりの写真ありがとうございます。

まだまだ至らない点も多いですが、これからもお店の舞台裏をご紹介できる場として

励みますので、応援いただければ幸いです。


フェイスブックってなんだろう? まだご覧になったことがない人も

ぜひこの機会にのぞいてみてくださいね ◎

ブログとは別のリズムで、リアルタイム情報を更新しています。


  
facebook
1000人が「いいね!」と言っています

BOX&NEEDLEのご紹介


こんにちは、

BOX&NEEDLEさんからFacebookへの招待が届きました。

Facebookに登録して、Facebookページ「BOX&NEEDLE」で最新情報をチェックしたり、同僚や同級生、友達と楽しく交流しましょう。

よろしくお願いいたします。
BOX&NEEDLE
 
Join Facebook
View This Page



まもなくBOXNEEDLE は4周年を迎えます。いろんなできごと、笑顔が浮かびます。

今までお店を通して出逢えた、すべてのお客様にハグをお届けしたい気分です。

これからもみなさまに喜んでいただけるよう、箱にまつわる一期一会を大切にしたいと

思っております。どうぞよろしくお願いいたします。
 

私が BOXNEEDLE と出逢ったのはお店ができてすぐの秋から冬になる季節、

ハムスター柄のピュクシスに軽井沢から届いたくるみを入れて、ドイツで暮らす

アーティストさんへ贈ったのでした。はじめてお店で買った想い出深い箱です。

小箱を片手に帰り道、ずっと胸の高鳴りがやまなかったことを覚えています。
 

今では縁あって、東京・京都工房と信頼できるスタッフと働ける日々に感謝しています。

今度は私たちが、そんなどきどき わくわくのお手伝いができますように。

  

yuii


【メディア】京都新聞日曜版『MyウェイMyライフ』

こんにちは、Keikoです。
今日の展示会場でのこと、
小さな女の子が絵本をかかえるようにゆきちゃんと読む姿をなんかいーなーと
その後ろ姿をうっとり眺めていました。
連日多くの方が展示に足を運んでくださっていて、
いきいきとお客さまと話しているたねちゃんとゆきちゃんの二人をみていると私も嬉しくなります。
(こんなポストカードも出来上がりました。)
さて、今日は日曜日。
今日の京都新聞の日曜版経済欄の『MyウェイMyライフ』に私の仕事をとりあげていただきました。

私の仕事は、記者の人も困惑する位に説明が難しくて
なかなかお伝えする機会がなかったのですがこの機に私の事を書きます。
お時間ある方はちょっとだけおつきあいくださいね。

創業してまもなく100年を迎える京都の貼箱工房は、私で4代目。
今も工房では毎日、箱の職人が和菓子や陶器、扇子など京都の文化を包む箱を作っています。
京都は元々箱屋や紙屋さんが多いのですが、どんどん廃業になっている現実があります。
" 箱が主役 "になる、捨てられない箱を作るためにBOX&NEEDLEを立ち上げたのが2009年11月。
元々私は、箱屋で働いていたわけではなく、ラーニングデザイナーという名称で
”まなび”のデザインを仕事にしていたのですが、
二足のわらじで箱や始めるご縁に恵まれたのでした。

”まなび”のデザインとは、なにやら難しいそうですよね、、、
なにをやっているのかというと、
展覧会の企画、こどものためのプログラム、商品開発の会議、企業研修、
まなびが起こる学習環境をワークショップという手法を使い、その道具やプログラムをデザインする仕事です。
(ご興味がある方はこれまでの仕事をご覧ください。)
「まなび」や「学習」というと知識を詰め込むこと、お勉強というイメージでしょうか、
私の思うよいまなび手は、よい循環をつくりだせて、頭の良い人とは、いきいきしていて楽しむ事のスペシャリスト。
これまにでなかった新しい事を創造したり、
人の気持ちを慮り、どうやったら喜んでもらえるのだろうと想像を膨らませる事は
たくさんの知識をもっていると同じ位に知的で素敵な行為だと思っています。

そんなまなびの仕事をしながらずっと心にあったのが、家業でつくっている箱の事です。
貼箱は立派な伝統工芸のはずなのに、その中身の漆器や陶器、織物にスポットがあたり、
箱は何かの付属品、
ましてや箱の職人がいる事もしられていない事に憤りを感じていました。
同業者の箱屋さんにすら、そんな空っぽの箱なんて売れないと言われていました。
ですが、私はその空っぽに、箱の可能性を感じます。
空っぽだからこそ、どんなものをいれようかワクワクできる装置となって箱を、
手にした人たちが想像を巡らしている売り場は、最高の学習環境だと思っています。

遠い国で大量に作られた見た目も可愛いらしい箱がとても安く売られているのを目にします。
それって本当に残していきたいものでしょうか。
今お金をだして買っているモノ(=消費)が文化となっていくと考えると、
これからの作り手は、どんな商品を作っていくかというよりは、
誰がどうやって作っているものかをオープンに、
購入する方が何を選んでいるのか情報を明確にする事、
お客さんと一緒に学びあっていく姿勢が大事だと思っています。
そんな想いから、始めたのが2階アトリエで開催する箱作りのワークショップです。

貼箱は、職人の細やかな技術の上に成り立っています。
とはいえ、コツをつかめば誰もがみじかにある紙を使い簡単に精度の高い貼箱を制作したり、
痛めば自分で自由にリペアをする事も紙の魅力です。

私は図工の時間に貼り箱を入れてほしい!と熱烈に思っています。
いろんな国の小学校にワークショップにいくと、こどもたちのハサミやのりの扱いにびっくりする事があります。乱暴だったり、うまくつかえなかったり、
道具との関係をうまく結べていない事がとてももったい。
箱作りから学べる事はたくさんあります。
道具の扱い、作業の段取り、コーディネート、色彩感覚、デザインそしてコミュニケーション。
自分たちが使う箱がどうやって作られているのか、どんな紙なのかを
知ると使っていただく楽しみも増えるのではないでしょうか。
私たちがつくれるのは、貼箱ですが、
今後は、これまで培ったワークショップのノウハウも使って、
箱からとびだして、伝統産業をの"つかいて” と ”つくりて” の双方向から元気にするようなお手伝いができたら良いなと思っています。

あああ、いつもまゆかちゃんの写真を楽しみにしている方にはすいません。
伝えたい事がありすぎて、難しくなってきてしましたね、すいません。

きを取り直して、
BOX&NEEDLEの二子玉川スタッフはみんなユニーク!面白い人が揃ってます。
スタッフは、それぞれ特技をいかして絵を描いたり、写真をとったりと何役もこなしてくれていています。
私はなにか買う時、この人から買いたいと思える人から買う様にしているのですが、
うちのスタッフはみんな前向きで誠実で、箱と同様に自慢のスタッフです(、、親ばかですよね)。
みんな足りないところを補完しあって、いろんな事を勉強中ですが、
箱作りの経験があり、紙の原産国や印刷技法にも詳しいので
選ぶ手助けになると思います、わからない事は私たちも勉強になりますし、
あれこれきいてみてくださいね。

本当に長くなってしましました、
ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。
これ以上長くなる前に、ここで一区切りにします。

大西景子

【EVENT】SWEDEN EXIBIION@BOX & NEEDLE

SWEDEN EXHIBIION





スウェーデンの老舗ブランド【 Svenskt Tenn (スヴェンスクテン) 】に直接赴き、
仕入れたファブリックアイテムを直接お手にとってみていただけるチャンスです。  

Josef Frank(ヨーゼフ・フランク)デザインの生地が際立つ財布やポーチ、バッグは機能的で
かつ現代も色褪せない秀逸なデザインばかりが揃います。

その他にもスウェーデンが誇る陶芸作家 Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ)や
Lisa Larson(リサ・ラーソン)の貴重なアンティーク陶器など、盛りだくさんご用意して
皆様のお越しをお待ちしております。

追って、様々なアイテムをご紹介してまいりますのでお楽しみに!




SWEDEN EXIBIION

会期|5月16日(木)〜6月4日(火) 水曜定休
開場時間|11:00〜19:00
会場|BOX & NEEDLE 2F


mayu






【NEW!】紙入荷しました。

 まだまだ朝晩冷えますね。髪を短くしてからというもの、寒風がつむじに沁みます。
カミつながりではないですが、久ぶりにきゅんとくる紙がオンラインに入荷しました。

スヴェンスク・テン
名前の由来(Svenskt Tenn=スウェーデンのスズ)の通り、当Svenskt Tennとは“スウェーデンの錫”という意味で、創業当初は“Pewter(しろめ)”という錫が主成分の合金製のオブジェクトの販売から始まったそうです。
1934年にJosef Frank(ヨーゼフ・フランク)のテキスタイルが加わりスヴェンスク・テンのブランドを強く鮮やかに彩っています。



 小鳥たちの歌声が季節の名を知らせてくれているようです。
池には鯉のような魚もゆらゆら。

スヴェンスク・テンの特徴はその発色!
BOX&NEEDLEの FACEBOOK では刷り方など映像でご紹介しています。



その他にもフィンランドの新柄も届きました。



昭和の生活雑貨にあったような、懐かし系が流行る予感。というより鳥柄が既にブームです。

最後は『space bird 宇宙の鳥』という名前のどうみても鶴の柄。日本の山水画がお好きな方が
デザインをされたのかもしれません。
それは宇宙というより、ジャパンを感じさせます。ジャパーン。
とても柔らかな色彩で描かれていて2色の色違いで届きました。

ロール状ですので1mカットから販売も可能です。気になる方はお問い合わせくださいませ。


mayu








BOX & NEEDLE BAG

 
ƒ…♡ˆ∆…¬†∆ƒ†√∂†˜★!…µˆ…♪ˆ–«≠♡
言葉にならない、嬉しさ!!!!実はこちら


BOX & NEEDLE オリジナル紙袋です。
3年越しに完成しました。

厚みのあるしっかりとした生地はふっくら滑らかな肌触り。きりっとした墨色のロゴ。
青と緑の2色を使用した持ち手。



内側にも少しPRESENTFUL MIND をしのばせました。

クリスマスの贈り物はぜひこちらのバッグにきらきらのボックスと驚きをつめて
大切な方へ手渡ししていただきたいです。



mayu



| 1/3PAGES | >>

BOX AND NEEDLE shop
map
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES CATEGORYS ARCHIVES

recent comment

recommend

recommend

recommend

LINK

PROFILE SEARCH BOX
THE OTHERS MOB
qrcode