紐解かれた古いアルバム


Times change and we with them.

時は移ろい、私たちもそれと共に変わってゆきます。
でも、変わらないものを大事に想うことで、移ろう時の中でも足を止めてみたくなります。
フィレンツェの変わらない街並みの中に、六代目のMariaが営む私の大好きなお店があります。
製本と、マーブル紙、木版画のお店です。
 今年の一月の再訪で出会ったのが、この古いアルバム。
中には1856年当初から使用されている版の見本がぎっしり詰まっていました。
でも、その殆どは、版として残ってはいるものの、
紙としてはもう製造されていないものばかり。
バイヤーとしては、どうしても再現したい!!
と頼み込んで、片言の英語を話す、ミスターと相談すること一時間。
やっと、三種類の柄を選んで私たちの為に再版してもらうことになった思い出深い紙達。

又、Stephanのお店では、倉庫に眠っていた貴重な木版画が販売されていました。
5件のお店を廻って、その紙をぜーんぶ 買い占めてしまいました。
それでも、全部合わせても100枚にならないのです。
 木版は、現存しているので再版は可能なようですが、
あのインクの溜まった感じが、果たしてどれだけ再現出来るのでしょうか?

今年 出会ってしまった 可愛い紙達がやっと、オーダーメイドに登場です。

そんな貴重な紙を使ったオーダーメイドフェアは、9月6日からオンラインショップにて受注スタートします。


kyoko



 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

BOX AND NEEDLE shop
map
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES CATEGORYS ARCHIVES

recent comment

recommend

recommend

recommend

LINK

PROFILE SEARCH BOX
THE OTHERS MOB
qrcode