BITISSI(ビトッシ)を訪ねてーKyokoさんの買付日記より

Kyokoさんのイタリア、ドイツの買付中は、

毎日のようにお店のメールボックスに旅の日記が届きます。

旅のお便りおすそわけ。

 

-----------------------------------------------------------

Day 7 其の二

市から一旦ホテルに戻り、メイルチェック。
やっと返事が来た陶器会社 BITISSIを訪ねて
再び電車で20分、Montelupo.

迎えてくれたのは、日本語以外五ヶ国語を話すジャンパオロさん。
ビトッシ一家が自宅に工房を開き、始めたそうです。

ビトッシは、セラミック(陶器)です。
ポーセリン(磁器)は水を通しませんが
一般では陶磁器と言われるので区別しないようですね。
清水焼団地みたいでした。


駅には陶板画、街には陶器美術館、
でも街が寂れてる!
昔は、フィレンツェでも販売されていたけれど、
今は店舗は無く卸しで、輸出することが殆んどだそうです。
ビトッシは陶器の学校も創設し街に貢献したそうですが、今学校は市が運営しています。


イタリアの陶器は、フルーツ柄って決まってるけれど、

こんなアーティスティックな磁器もあるんですね?
娘の情報収集には、いつも驚かされます。

でも、イタリアと言えば、デザインの国ですよね。
こんな素敵な陶器が、紙同様、自国での認識が浅いのが不思議です。

古い時代の陶器のデザインがアーカイブに保存されていて、何周年記念とかに限定で再生産するそうです。


案内してくれたジャンパオロさん曰く
元々陶器は東洋からヨーロッパにもたらされた物。東洋の影響を受けてます。
それで中国の漢字の様なオブジェクトを作ったのがデザイナーのSOTTSASSです。
( なるほど、あれは月と言う漢字ですね、っと私の説明に納得)
日本は折り紙という素晴らしい技術がありますね、

イッセイミヤケは、それを上手く洋服にデザインしましたね。

色々お話が聞けて楽しかったー!
では、また連絡します、ということで
お別れしました。
何点か日本に届くのが楽しみです。

 

Kyoko


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

BOX AND NEEDLE shop
map
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES CATEGORYS ARCHIVES

recent comment

recommend

recommend

recommend

LINK

PROFILE SEARCH BOX
THE OTHERS MOB
qrcode