【二子玉川ワークショップ】ドローイング「花の色しりとり」

みなさま、こんにちは。

 

本日は5月26日(土)に開催が決定したスペシャルワークショップのご案内です♪

>>詳細ページへ

 

 

タイトルは「花の色しりとり」

 

子ども・おやこ・大人のためのワークショップを多数行っている

松尾郁子さんを講師に迎え開催する、ドローイングのワークショップ。

昨年に続いての開催です。

 

 

 

「花の色しりとり」とはなんとも楽しげな響き。

でも、色のしりとりって…?一体、どういうことでしょう。

 

今回題材になるのは、松尾さんが用意してくださる様々な草花。

 

 

題材にすると言っても、デッサンするわけではないんですよ。

だから、絵の上手い下手なんて、全く関係ありません!

 

色に興味のある方や色に苦手意識のある方に

ぜひおすすめしたい、色をたのしむワークショップです。

 

 

今回は、それぞれの草花が持つ”色”を水彩絵の具でつくり

異なる草花から草花へ、色を変化させ繋いでいきます。

 

 

 

どの色を混ぜると、こうなるんだろう?

水はどのくらい含ませる?

 

色々と試行錯誤してみたり、思いのまま筆を動かしてみたり。

そんなふうに絵の具を混ぜていくことで、パレットの上にはどんどん新しい色が生み出されていきます。

 

 

色を作る作業、これが時間を忘れるほど楽しくて、つい夢中になってしまうんです。

もともと色に対して苦手意識のある私。

(赤み・青みなど判別するのが苦手、好きな色同士でも組み合わせるとなぜか素敵にならない…など。)

実際に自分で色を混ぜてみると、頭で考えるのとは違い

目の前で色が変化したり、混ぜるものによる違いが明らかになったりし、それがとても新鮮な感覚だったんです。

考えても分からなかったことが、感覚としてなんとなくわかるようになったような…。

そして、水の含ませ方でこんなにも色が変化するなんて!という発見もありました。

 

 

そんな過程を経てできた一枚は、どれも個性豊かな仕上がりに。

 

ふたつの草花によって結ばれた色のグラデーションは

まるで画用紙の上を踊っているようですね。

 

身近な草花を題材にすることで色を身近に感じたり

色による表現の奥深さを知ったりと

子供から大人まで楽しみながら学ぶことができるワークショップです。

ぜひこの機会に、色の世界のおもしろさを体験してみませんか?

みなさまのご参加をお待ちしております♪

 

 

 

 

「花の色しりとり」

>>詳細ページへ

 

対象:未就学児から大人までどなたでも
未就学(2歳〜)のお子様は保護者の方と一緒に参加して下さい。
持ち物:水彩絵の具を使用のため、汚れてもいい服装またはエプロン
サイズ:八切りサイズ(271×391mm)の画用紙

 

日時|5/26(土)10:30-11:30
定員|10名 満席
費用|2,160円(内税)(一名につき 材料費込み)
個数|1枚 ※箱の制作はありません

 


今回は水彩絵の具を使って、花の色から色へ「しりとり」をします。
次はどこの花へ行こうかな? まるで蝶々になった気分で色を作っていきましょう。

 

>>ご予約はこちらから

 

 

 

 

ishida

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

BOX AND NEEDLE shop
map
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES CATEGORYS ARCHIVES

recommend

新版 切る貼るつくる箱の本 ~BOX&NEEDLEの工夫を楽しむ箱づくり~
新版 切る貼るつくる箱の本 ~BOX&NEEDLEの工夫を楽しむ箱づくり~ (JUGEMレビュー »)
大西 景子
お待たせしました!新版として2017年12月12日に発売開始されました。初めての箱作りにおすすめの一冊です。紙に最適な天然の糊、ニカワでつくる貼り箱は、貼ったあとにハリがでて、強度もでます。ニカワの塗り方のコツ、使い方、保存の方法や代用の方法もわかりやすく説明しています。一緒に箱作りを楽しみましょう。

recommend

recommend

LINK

PROFILE SEARCH BOX
THE OTHERS MOB
qrcode