【ワークショップレポート】モダンカリグラフィーワークショップ

みなさま、こんにちは。

 

本日は、先週末に開催されたモダンカリグラフィーワークショップの様子をレポート致します。

今回は日本で数少ないプロのカリグラファーとして長年活動されている

ひがし はまね先生をお招きしました。

 

 

同席させて頂いたスタッフを含め、今回が初めてのカリグラフィー体験という方も多く
「楽しみだけど、私にできるかしら?」と不安げな様子の方も。


でも、練習あり、アドバイスあり、デモンストレーションありの充実の二時間を終えた後には
「もっとやってみたい」「上手になりたい!」という意欲的な声がたくさん聞こえてきました。
 

今回はお席のご用意が叶わなかったみなさまへも

そんな有意義な時間を少しでもお裾分けできればと思います。

 

 

 

さて、まず今回使った道具はこちら。

一番手前の見慣れないかたちのものが、文字を書くためのペン。

カッパープレート体(筆記体のもとになった、文字が滑らかに連なるような書体)専用のペンなのだそうです。

隣に置かれた筆でペン先に絵の具を乗せ、文字を書いていきます。

 

 

先生の用意してくださったプリントに沿ってまずは基本練習。

斜めの線、続いてカーブ、円と練習していき徐々にペンの扱いを習得していきます。

 

力の入れ方がなかなか難しく、思うようにペンが動かない…なんてことも。

その都度、先生がペン先の角度や動かし方などのコツを丁寧に教えてくださるので安心です。

 

 

こちらは、先生のデモンストレーションの様子。

このペン、私と同じもの!?と疑いたくなるくらい

まるで魔法のように、美しい文字がなめらかに書かれていきます。

そのペン先を見逃すまいと周りに集まったみなさまからは、思わず感嘆のため息がもれるほど。

 

 

先生のような美しい仕上がりを目指しながら

その後は、なぞり書きとフリーハンドで

アルファベットと言葉(thank you/message for you)の練習を重ねていきます。

 

 

まるで自分と向き合うかのように、集中して練習するみなさま。

 

 

そして最後には、カードを二枚仕上げました。

薄く下書きされたものが一枚と、下書き無しのものが一枚。

 

 

下書きがあっても、なかなか完璧な仕上がりとはいかず…

まして下書きなしなんて!

「書き始めが肝心ですよ」という先生の言葉に緊張しながらペンを取り、なんとか仕上げることができました。

 

 

好きな色の封筒とライナーを選んだら、特別なカードセットの完成です。

 

 

最後には先生による嬉しいサプライズも!

ゴールドのインクを使った装飾性の高いアイディアを披露してくださいました。

上手になったら挑戦してみたい!

 

 

じっと集中して紙とペンと向き合った二時間は

箱作りのワークショップとは全く異なり、とても新鮮な体験でした。

 

日頃から贈り物の際は特に、手書きのメッセージを添えたいな、なんて思っていますが

こんな風にデザイン性の高い美しい文字で書くことができたら、受け手の喜びも倍増しそうです。

 

 

現在、秋に向け、第二回の開催を計画中です。

ぜひ楽しみになさっていてくださいね。

 

 

 

 

 

 

ishida


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

BOX AND NEEDLE shop
map
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES CATEGORYS ARCHIVES

recommend

新版 切る貼るつくる箱の本 ~BOX&NEEDLEの工夫を楽しむ箱づくり~
新版 切る貼るつくる箱の本 ~BOX&NEEDLEの工夫を楽しむ箱づくり~ (JUGEMレビュー »)
大西 景子
お待たせしました!新版として2017年12月12日に発売開始されました。初めての箱作りにおすすめの一冊です。紙に最適な天然の糊、ニカワでつくる貼り箱は、貼ったあとにハリがでて、強度もでます。ニカワの塗り方のコツ、使い方、保存の方法や代用の方法もわかりやすく説明しています。一緒に箱作りを楽しみましょう。

recommend

recommend

LINK

PROFILE SEARCH BOX
THE OTHERS MOB
qrcode