【WSレポート】William Morris - Piccolo - WORK SHOP

 初めてのワークショップはいつのことでしたでしょう。
新しいワークショップをするとき、いつもそんなことを思います。
ちなみに私が初めて作った箱はレターボックスでした。リボンタイプのもの。



これを見ると一緒に横で四苦八苦して作っていた、たねちゃんのことも思い出します。
これをいつもパソコンの横に置いてます。よく見るととても下手でびっくりです。。

久しぶりの新作ワークショップはモダンデザインの父、William Morriis - ウィリアム・モリス -の壁紙を使って作る『Piccolo』という丸い箱です。



一世紀以上たった今も世界中の人々に愛され続けるウィリアム・モリスのデザイン。
今回はそのデザインを引き継いだ娘のメイ・モリスの作品『Honeysuckle』(上の写真の手前の柄)
など新入荷の柄も多数ご用意して、ちょっと豪華でエレガントなワークショプ・・・?
とにかく、どの箱もとっても素敵に仕上がりました。



今回は初 Piccolo なのでKyokoさんも京都から来てくれました。




ニカワを塗ったら時間勝負です。急いで箱のもとに戻って貼っていきます。


集中。小指も立ってしまっておりますが、巻きはじめと巻き終わりがぴったりと
揃って完璧!でしたよ。東京に引っ越してきたばかりのお客様。二子玉川は今日が初とのこと。


ときおり、今日の Kyoko's onepoint ! が実演とともに入ったりします。


こちらは可憐なひな菊が描かれた『Daisy』という柄です。ホワイトとベージュの2色
はどちらも選びがたくかわいいです。
モリスの製造日誌に登録された最初の壁紙デザインだそう。
昨日、オンラインブティックよりこの柄のPOTTERY をご購入いただいた
男性より、贈られた奥様がとても喜んで下さったとのご報告をいただき、ポ♡。



指を紙のフチで切ってしまい貼りにくそうですが無事、底の紙も曲がらず中心に貼れました。



完成後は、Kyokoさんの最終チェックが入ります。どきどきっ。


こちらは『Fruit』という柄。


ザクロやレモンなどの果実が描かれた人気の柄です。
青銅のようなグリーンで描かれた葉が印象的な、モリスの初期の代表的なデザインです。


上に乗っている柄は、『Arbutus』- アービュータス- とうい「イチゴの木」です。
「苺」の名が入っていますが、全く別種の植物でした。
かわいらしいスズランのような花もところどころに描かれています。
赤い実は熟れて美味しそうですが、「味気ない」らしい。


先ほど紙の状態でも少しご紹介した『Honeysuckle』も力強い枝と躍動的な花びらが
箱として立体になると壁紙の時とまた違う表情を見せてくれます。
どの箱もお花摘みに行ってきた花籠のように草花に溢れ、見ているだけで私は勝手に癒されて
しまいました。ヒーリングボックス。


更にお店にはモリス新入荷の柄を使った箱が入荷しております。
こちらはもともとシルクにインディゴ染料で染めることを想定してデザインされた『Brea Rabbit』と
いう柄です。


「Brea -ブレア-」とは「Brother」の南部なまりの略。
つまり向かい合う2羽のウサギは兄弟ウサギということです。
モリスが幼い子供たちに読み聞かせていた”リーマスじいや”の物語に出てくる賢いウサギ
「ブレア・ラビット」がモチーフになっています。
この物語が原作となったディズニー映画『南部の唄』にもブレア・ラビットは登場します。


色違いのRedと2色です。  【Kolem / 9765yen】


こちらはお店でもお馴染みの『Goleden Lily』。そのblueタイプが新たに加わりました。


美しい色彩と完璧な構図は圧巻です。ベースが青い下のタイプと輪郭線が青い上のタイプとこちらも兄弟ですねー。




ご紹介できたのはほんの一部です。すみません。
是非お店で手に取って、その独特の質感なども感じていただければ嬉しいです。

では


mayuka








BOX AND NEEDLE shop
map
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES CATEGORYS ARCHIVES

recommend

新版 切る貼るつくる箱の本 ~BOX&NEEDLEの工夫を楽しむ箱づくり~
新版 切る貼るつくる箱の本 ~BOX&NEEDLEの工夫を楽しむ箱づくり~ (JUGEMレビュー »)
大西 景子
お待たせしました!新版として2017年12月12日に発売開始されました。初めての箱作りにおすすめの一冊です。紙に最適な天然の糊、ニカワでつくる貼り箱は、貼ったあとにハリがでて、強度もでます。ニカワの塗り方のコツ、使い方、保存の方法や代用の方法もわかりやすく説明しています。一緒に箱作りを楽しみましょう。

recommend

recommend

LINK

PROFILE SEARCH BOX
THE OTHERS MOB
qrcode