【ワークショプレポート】MAISONETTE BOX & Kolme WORK SHOP

 6月末に開催しましたMAISONETTE BOXとKolmeのワークショップは
どちらも初めてのカリキュラムで参加される生徒さまと同じくらいわたしも緊張でした

Kolme ワークショップ



3段の引き出しになっているこちらのKolmeは以前からお客様よりワークショップで
作ってみたいとリクエストを多くいただいていた箱で、開催告知を開始したと同時に
あっという間にご予約で満席になってしましました。


ご参加できなかった方も多かったため、7月もこちらのワークショップを行ないますので
是非、6月はご都合が合わなかったという方もご参加をお待ちしております。
只今2階でおこなっている初夏のWilliam Morris 展の開催に合わせ今回は
ウィリアム・モリスの柄も多数ご用意しております。
エレガントなモリスの柄で作ったKolmeは優美でジュエリーボッックスのも最適です。


Kolme 応用編


コルメはフィンランド語で3という意味、3段タイプのコンパクトな引出しをお作りいただきます。

めがねや時計、ジュエリーの収納棚として小物の整理におすすめです。

こちらは応用編となりますので、一度ワークショップにご参加いただいた方が対象です。

WS内では引出し本体と3段のトレーを制作致します。(トレー内の仕切りボックスは店鋪にて購入が可能。)


SIZE:265×190×145 mm(外寸)

日時:7月14日(日)

10:00-12:30  /  14:30-17:00

定員:10名

費用:9,450円

個数:1個 



メゾネットボックスワークショップ》

メゾネットボックスはその名のとおり、2階建て構造の面白い形態をsた箱です。
蓋を外して左右に開くと2つの箱が現れます。
お花のアレンジメントとお菓子をそれぞれの箱に詰めて、プレゼントにしたり
お裁縫箱にしたり、用途も広がります。
今回はこちらの箱を製図から始め厚いボール生地を切り出して制作する、いつもより少し
難度の高いワークショップを行ないました。

こちらは、Kyoko先生が作ったメゾネットボックスです。
蓋の天面に紙を貼った生地を1枚付けるだけで、更におしゃれな箱に仕上がります。
蓋と同じものをもう1つ作ってトレーのように底面に重ねるという、アレンジも加わって
柄違いの兄弟のような一体感のある作品になりました。

生地からの箱作りを覚えると、こういったアレンジや好きなサイズ・形で箱を作る事も可能です。
例えばこちらも。
今回のワークショップで使った厚ボールの残りの端材でプチボックスも完成しました。
こちらはマグネットも入っていて、ぱちんと蓋が閉じる仕組みになっています。。

気づいたら完成していました。。。かわいいです。

楽しい箱作りを皆さまもぜひ体験してみてくださいね!
7月のワークショップでお会いできるのを楽しみにしております。






BOX AND NEEDLE shop
map
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES CATEGORYS ARCHIVES

recommend

新版 切る貼るつくる箱の本 ~BOX&NEEDLEの工夫を楽しむ箱づくり~
新版 切る貼るつくる箱の本 ~BOX&NEEDLEの工夫を楽しむ箱づくり~ (JUGEMレビュー »)
大西 景子
お待たせしました!新版として2017年12月12日に発売開始されました。初めての箱作りにおすすめの一冊です。紙に最適な天然の糊、ニカワでつくる貼り箱は、貼ったあとにハリがでて、強度もでます。ニカワの塗り方のコツ、使い方、保存の方法や代用の方法もわかりやすく説明しています。一緒に箱作りを楽しみましょう。

recommend

recommend

LINK

PROFILE SEARCH BOX
THE OTHERS MOB
qrcode